そろそろヒートテック買わないと(仮)

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
SEARCH
<< DJR(P) | main | どうなってる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
アヒルと鴨のコインロッカー
 おそらく伊坂作品の中でも重力ピエロとこれは知名度抜群で、名前を聞いたことある人が多いと思うんだけど



というのも映画化してそれなりに売れたからなんだね!俺は原作のイメージが壊れるのが嫌だから原作から読んだモノってのは大抵映画版は見ないんだよね(ハリーポッターとか)


それはいいとして、このアヒルと鴨のコインロッカーはかなり面白かった!



現代の男の主人公と、2年前のある女の2つの視点が交差して物語が進むんだけど、これがまたうまい!


途中でどんでん返しがあるんだけど、あれはかなりおどろいたね^^^^


違和感を持ちながらも気のせいかな、と読み進めてるうちにドーン!とくるわけで、かなり衝撃を受けた人も多いんじゃないかな



全体の雰囲気がかなりよく出来てて、話の本筋も面白い、かなりの良作だったと思う!



85点!
| KJ | 読書感想文 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
たけなま (2009/09/15 11:35 PM)
話の作りもさることながら、
女パートと男パートのラスト1文を似たような文で終わらせてたりとか、
マジ伊坂ぱねぇと思いました。
あのオチって小説ならではっぽいとこあるけど、映画だとどうなるんだろう・・・?
knm (2009/09/16 2:12 AM)
推敲に推敲を重ねないとあーいう文章はできないよね^^^
映画はどうなってるんかね!アヒル〜は特に表現の仕方が難しそうだけどね^^^